日本バスケットボール協会/ユース期に起こりやすい怪我の特徴

日本バスケットボール協会の女子代表専任アスレチックトレーナーの岩松真理恵氏が監修したスポーツパフォーマンスセミナー資料が日本バスケットボール協会公式サイトにアップされています。何故、ユース期に怪我が起こりやすいのか〜成長期の子どもの身体的特徴やそれぞれの部位に発症する慢性的な障害の解説、セルフケア方法まで非常にわかりやすくまとまった資料です。ミニバス指導者の方や小学生プレーヤーを持つ保護者の方は一読の価値ありです。是非、チェックしてみてください。

□日本バスケットボール協会/ユース期に起こりやすい怪我の特徴はこちら

  1. 【新作キッズシューズ】ナイキ チーム ハッスル D 9 リル

    キッズのジャンプとダンクをサポートするナイキとLil Monstersのコラボレーションシューズ…
  2. 【おすすめアイテム】バッシュの紐がほどけるお子さまにオススメ!ミズノ「ゼログライドシューレース」

    ミズノからスポーツ専用のほどけにくい靴紐「ゼログライドシューレース」が11月13日に発売されるよ…
  1. 十勝の高校生バスケットボールプレイヤーのみなさんで、進学をしてバスケを続けようと思っているけど大…
  2. 帯広地区で開催されるバスケットボール大会予定について帯広地区バスケットボール協会より…
  3. 帯広地区から男子:翔陽中学校 女子:緑園中学校が出場する「第1回 U15バスケットボール選手権大…
  4. ミズノは、2020年10月1日より誰でも簡単にスポーツのスゴ技※に挑戦し、撮影した動画を投稿でき…
  1. ナイキが考える多様でサステナブルなスポーツの未来 誰もが楽しめる刺激的な遊びと、様々な形のスポ…
  2. 帯広市の新生堂スポーツさんが、バスケットボール用品20%のセールを2020年10月末まで開催して…
  3. WAVEと高機能ミッドソールを搭載して、レベルアップしたジュニアモデルバスケットボールシューズ …
  4. Grip-Sprayは2000年にバスケットボールプレイヤーでもある医師、鈴木秀明氏が開発し製品…

カテゴリー

カテゴリー

2020年10月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る